気をつける

北海道では、1年間に約2000件もエゾシカとの衝突事故が発生しています。
現在、エゾシカの生息域は全道に広がっているので、
どこで事故が起こっても不思議ではありません。

ドライブ中はシカに注意してください!

1.夕方から早朝に多い!
エゾシカは夕方から早朝に行動が活発になります。
平成22年は事故の83.7%(※)が夜間に発生しています。
夜間にはシカの目が光るので、光るものを見つけたら要注意。
※:北海道環境生活部くらし安全推進課資料より

2.一頭見かけたら要注意
エゾシカは群れで行動します。
一頭見かけたら要注意!
ほかのシカが続けて飛び出してくるかもしれません。

3.道路上ではうまく逃げられない
道路上ではエゾシカの蹄は滑りやすく、機敏に逃げることができません。
道路上にエゾシカを見つけたら、減速・徐行しましょう。

4.車を目掛けて飛び出す
エゾシカがこちらを気にしているように見えても安心してはいけません。
車が近づいたときに飛び出すことがあります。

衝突を避けるために一番大事にことはスピードダウンです。
安全運転で楽しいドライブを!

★ちなみに、シカは警戒するとこんな声を出します。